おがわクリニック 糖尿病内科

 『――自覚症状もなく、進行していく糖尿病。』
 その恐ろしさを何となく知ってはいるものの、多くの人は行動にうつそうとはしません。体の調子はすごくいい、病気だとは思えない。人間は、「危機」が差し迫って初めてそれを本当に「危機」と知る傾向があるといいます。たとえば、地震なんかはその怖さを重々知ってはいるものの、準備や対策をされる人はなかなか少ないですよね。で、実際に起こってから大慌て、大慌て。 自分の体にもそれが当てはまると思います。今は何ともない。だからきっといつまでもこのままじゃないかなと、気にしていない。
 実は、日本の糖尿病患者さんの半分の方がせっかく早期に糖尿病と診断されたのにもかかわらず放置されています。その方々は、合併症をことのほか進行させてから、医療機関に助けを求め受診されます。がしかし、進行した合併症は一人歩きして、止めるどころかその進行を防ぐこともできません。
 実際に治療されている患者さんは半分であり、またその中でうまく血糖コントロールされておられる患者さんは、またさらに少ないのです。
どうしてでしょうか? なぜ、一度きりの人生を逝き急ぐ生活にピリオドを打ち、合併症のない生活を送るための行動にうつそうとはしないのでしょうか?
 今日も体の調子はいい、病気だとは思えない。 そう、確かに今日のところはそうでしょう。糖尿病の治療は10年先、20年先もそういえる生活を獲得するためにあるのです! 何も変わらないってことが成功ってことなのです。
 だから、もっと知りましょう。自分は知らないけれど、実は自分の中で何が起こっているのかを! 
 早くみつけて、早く行動を起こす。それが、最も大切なのです。

 糖尿病

1.糖尿病とはどのような病気なのでしょうか? 
 糖尿病とは、血糖値が高い状態が連続的に認められ、将来的に血管合併症を発症する確率が高く、治療介入が必要な状態のことをいいます。血糖値とは、血中ブドウ糖濃度のことです。食べ物の中の糖分は胃や腸で消化されて、最終的にブドウ糖に分解されます。そして血液中に吸収され、体のエネルギーとして利用されるのです。糖尿病の方は、血液中にはブドウ糖が多くあってもそれがうまく体に利用されにくくなっています。利用されるためには、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが必要です。糖尿病の方はこのインスリンの作用が不足しています。糖尿病の発症原因には、遺伝的なものや脂肪摂取過多、肥満、運動不足などの生活環境の影響、膵・肝疾患など様々なものがあります。


2.糖尿病治療の目的は何でしょうか?
 糖尿病の初期は自覚症状がないことがほとんどで、血糖値が高くてもそのまま放置されていることが少なくありません。
では、どうして症状がないのに、治療をしなくてはならないのでしょうか?血糖値を良好にコントロールして、なおかつ、血圧、体重、血清脂質(コレステロール・中性脂肪、等)もきちんとコントロールすることで、将来起こりうるであろう様々な合併症を予防、あるいはその進展を防ぐことができるからです。逆に血糖値を高いままにしておけば、合併症の発症、進展を招くことになるわけです。合併症には3大合併症と呼ばれる糖尿病性細小血管合併症(網膜症・腎症・神経障害)および動脈硬化性疾患(虚血性心疾患、脳血管障害、閉塞性動脈硬化症)、等があります。つまり、糖尿病の治療の目的は、合併症のない健康な人と変わらない日常生活の維持、健康な人と変わらない寿命を得ることにあると思います。糖尿病のすべての人にとって、血糖値を正常化させることが、重要な治療なのです。


3.血糖コントロールの指標と目標値
 血糖コントロール指標では、ヘモグロビンA1c(HbA1c)が重要で、主要な判定はこれによって行われます。空腹時血糖値は代謝状態を示す値としては比較的安定していて有用ですが、食後2時間の血糖値は治療法などによりかなり異なります。これらの血糖値はHbA1cを補強する代謝指標としてHbA1cと組み合わせて代謝状態の評価に用います。


4.へモグロビンA1c(HbA1c) ―採血の前1〜2ヶ月の血糖コントロール状態を示す重要な指標―
 ヘモグロビンは血液の赤血球の中にあって、肺から酸素を体のすみずみまで運ぶ役目をしています。ところが血糖値が高いとブドウ糖と結合したヘモグロビンが多くなってきます。これをグリコ(糖化)ヘモグロビン(ヘモグロビンA1c)と呼び、過去1〜2ヶ月間の血糖変動を表現します。ですから、「検査に行くから」といって1週間前から急に気をつけて一時的に血糖値は良くなってもHbA1cに大きな変動はありません。つまり、この値により“平均的な血糖”の動きの状態がわかるのです。健康な人のHbA1cは、6%未満です。血糖コントロールの目安として、合併症予防の目標はHbA1cが7%未満です。ただし、年齢、罹病期間、臓器障害、低血糖の危険性、サポート体制などを考慮して個別に設定されます。


5.血糖値とHbA1cと組み合わせてより良い血糖コントロールを目指しましょう。
 糖尿病でない人は、血糖値が食事前で80〜110未満mg/dl、食後でも80〜140未満mg/dlの範囲に抑えられています。糖尿病の人で空腹時血糖値120  mg/dl以上、200  mg/dl以上では慢性合併症の発症頻度が多くなり、大血管障害も起こし易くなります。血糖コントロール状態の指標と評価を示します。





高齢者糖尿病の血糖コントロール目標 (2016糖尿病学会より)



 甲状腺の病気

 甲状腺はのどぼとけの下にある大きさ4cmほどの蝶形の臓器で、甲状腺ホルモンを分泌しています。このホルモンはとても大事なホルモンで、これがないと人間は生きていくことができません。甲状腺の病気は比較的多く、わが国では成人の10%程度に何らかの甲状腺の異常が認められます。また、男性に比し女性に2-5倍程度多く異常が見つかります。以下によく見かける甲状腺の病気について説明します。
1.バセドウ病  この病気の原因はよく分かっていませんが、体質が関係していると考えられています。バセドウ病ではからだの中に甲状腺を刺激する物質(自己抗体)ができ、そのために甲状腺が刺激され、腫れて大きくなりホルモンを必要以上に分泌するようになります。このため、動悸、体重減少、手のふるえ、暑がりなどの甲状腺ホルモン過剰症状が出てきます。また、この自己抗体は眼球周辺にも作用することが多く、目が飛び出て見えるようになることもあります。ひどい場合には心臓の拍動の乱れ(不整脈)を起こし、心不全の状態になることもあります。米国のブッシュ大統領もバセドウ病で不整脈になりました。 バセドウ病には3種類の治療法がありますが、飲み薬(抗甲状腺薬:メルカゾールプロパジール)で治療する場合には、少なくとも1年以上薬を飲み続けることが必要で、症状がなくなったからといって勝手に薬をやめることは禁物です。薬で治りにくい場合や、副作用で薬が使えない場合には、手術で甲状腺の一部を切り取って治療することもあります。また、放射性ヨードを服用し治療することもあり、米国などでよく行われています。
2.慢性甲状腺炎(橋本病)  1912年、日本人医師橋本策によって初めて見いだされた病気です。この病気も原因はよく分かっていませんが、バセドウ病の親戚のような病気と考えられています。甲状腺に慢性の炎症が起きて、甲状腺がやや硬く、少し腫れてくる人が多いようです。何年間かこの病気にかかっていると、だんだんと甲状腺の働きが悪くなり甲状腺ホルモンが足りなくなってくることもあります。そうなると、徐脈(脈が遅い)、体重増加、寒がり、便秘、コレステロール増加などの甲状腺ホルモン不足症状が出て、重症では意識がなくなることもあります。定期的に血液検査などで甲状腺ホルモンの不足がないかどうか調べる必要があります。一部の患者さんでは、昆布類などヨードの多い食べ物を食べすぎた時に甲状腺の働きが悪くなることもあります。ホルモンが不足している場合には甲状腺ホルモンの錠剤(チラージンS)を服用する必要があります。
3.亜急性甲状腺炎  ウイルス感染などにより、甲状腺が激しい痛みを伴って硬く腫れてくる病気です。甲状腺組織が破壊されホルモンが血液の中に漏れて出てくるようになり、一時的に動悸、手の振るえなどの甲状腺ホルモン過剰症状が出現します。鎮痛薬をのんで様子を見ていればたいていよくなって来ることが多いようです。炎症がおさまると、一時甲状腺ホルモンの不足状態になった後、甲状腺の働きが正常に戻ることが多いようです。  亜急性甲状腺炎に似た病気として、橋本病の患者さんが体調の変化などにより、甲状腺の痛みや発熱を起こしてくる場合があり、慢性甲状腺炎の急性憎悪と呼ばれます。
4.無痛性甲状腺炎  橋本病の患者さんなどで、分娩後などに一時的に激しい炎症がおこり、甲状腺が破壊されホルモンが漏れて出てくるようになることがあり、無痛性甲状腺炎と呼ばれています。この場合、首の痛みはなく、血液中にホルモンが増えバセドウ病と同じような甲状腺ホルモン過剰症状が出現します。2-3ヶ月後に甲状腺の働きが一時的に悪くなりホルモン不足となることがありますが、様子を見ているうちに自然に良くなることが多いようです。一部の患者さんでは甲状腺の働きが悪くなったまま元に戻らなくなり、甲状腺ホルモン剤の服用が必要になることもあります。
5.腺腫様甲状腺腫  甲状腺にしこり(結節)ができる病気のひとつです。軟らかいしこりが複数でき、しこりの中に一部液体がたまることが多いようです。良性の病気で、ふつう甲状腺の働きは正常です。
6.甲状腺嚢胞  甲状腺の中に液体のたまった袋ができる良性の病気です。甲状腺の働きは正常です。
7.甲状腺濾胞腺腫  良性の腫瘍で、ふつうは甲状腺内に一こだけ結節ができます。一般に、甲状腺の働きは正常です。大きいものでは癌との区別が困難なこともあります。
8.甲状腺癌  乳頭癌、濾胞癌、未分化癌、髄様癌などがあります。このうち約80%が進行の遅い乳頭癌です。甲状腺に硬いしこりができ、放置するとまわりのリンパ節に移転することもあります。
5,6,7,8,の区別は、専門医による触診、超音波検査、吸引細胞診検査などでできますが、中には区別の困難な場合もあり
ます。癌の疑いがある場合には専門医による手術が必要です。また良性の場合でもしこりが大きい場合には、気管などを圧迫することがあるので手術をした方がよいでしょう。
おがわクリニック
〒506-0053 岐阜県高山市昭和町2-120-1
 ☎0577-37-7117